大木さんの作品

DSC07564

木曜日、大木さんの酸化焼成の作品です。

何層にも顔料の粘土を練りこんで仕上げたペンダントヘッド。

まるで長年、海岸の波に揉まれた石のように丸く美しい模様が見事に削りだされています。

奥様にプレゼントでしょうか?

それとも・・・

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

唐澤さんの作品

DSC07560

水曜日、唐澤さんの酸化焼成の作品です。

ちょっとたわめた四方の皿に細かく美しい柄の描かれた作品。

手毬が宙に舞う軽やかな図柄に古き良き世界を垣間見れる作品ですね。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

岡崎さんの作品

DSC07562

木曜日、岡崎さんの酸化焼成の作品です。

昨日は若干10代の生徒さんでしたがこちらは80から始められたパワフルな方。毎週本格的なスイーツを作りケーキ、プリン、和菓子、すでに200ほどは作ったのではないでしょうか。どれもがお店の味を上回る腕前。

だから器も盛りつけを意識した扱いやすい作品がたくさん。

目標にしたい生き方です。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

丈皓君の作品

DSC07569

土曜日、丈皓君の酸化焼成の作品です。

小学校から通い続けて早、高校生の彼はとても柔軟の世界観を持っているひとりです。

多くの人が陥る器を作る素材の「土」ではなくて、彼はさまざまに変化する「土」という素材の力そのものを楽しんでいるように見えます。だから時にボロボロ崩れる形も作りますがそれを活かした作品もいくつか垣間見えてますね。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

大木さんの作品

DSC07561

木曜日、大木さんの酸化焼成の作品です。

一人進化を続ける大木大先生の世界はいよいよ世界に通用しそうなアートに発展しつつありますね。

これは冗談ではなくて、この作品自体小さいですが、もう少し大きな作品で展開していけば何かしらのコンペに入選はできる力だ思いますよ。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

湯川さんの作品

DSC07570

土曜日、湯川さんの酸化焼成の作品です。

ポケットティッシュを収めるBOXですね。

蓋も付いていて殺風景な状況にならないかわいい陶製の箱ですね。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

川合さんの作品

DSC07559

水曜日、川合さんの酸化焼成の作品です。

角の練りこみ花入れですね。

ちょっと上に向かって細くスタイリッシュなデザイン。

欧米の洗練されたようなモダンな雰囲気が川合家の大豪邸に似合いそうですね♪

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

市原君の作品

DSC07571

土曜日、市原君の酸化焼成の作品です。

いつも思いのまま形を作り上げる彼の作品は愛らしいポッタリした形の憎めない作品ばかり。

これは携帯ホルダーでしょうかね。

実用性も兼ねていますね。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

古林さんの作品

DSC07558

火曜日、古林さんの酸化焼成の作品です。

最近頑張っているロクロの飯碗。

ちょっと小振りなのはダイエット用?

そして厚手なのは筋トレ用?

なんて冗談はさておき、それが手作りの楽しさ。織部の流れ具合も計算して見事な景色が。

他にも上手な作品はたくさんできてきていますね。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ

久保田さんの作品

DSC07521

月曜日、久保田さんの酸化焼成の作品です。

6枚組の素敵な四方の取り皿。

右下に判子で凹凸を付けて化粧土でグラデーションを出すシンプルですが優しい雰囲気の作者らしい作品ですね。

カテゴリー: 陶芸教室 | コメントをどうぞ